職場恋愛はメリットが多い?知っておきたい社内恋愛のルールについて解説します。

MENU

職場恋愛する時の注意点

職場恋愛は楽しいです。
仕事中でも顔を合わす機会が多いことに加えて、可愛い女の子と付き合うのであれば優越感に浸れるメリットがあります。

 

しかし、職場恋愛ならではの注意点もあり、アルバイトを通じた出会いは長続きするケースが少ないのも現状です。

 

社内恋愛のメリット

  • 仕事中も好きな子と顔を合わせられる
  • 通勤時間でデートができる
  • 同僚に自慢できる
  • デートだけではなくグループでも遊べる

 

社内恋愛するメリットが非常に大きいです。
仕事がストレスにならず、気分がリフレッシュされます。

 

一番のデメリットは噂をしたり妬みで嫌がらせをされるなど、周囲の反応が悪くなるケースがあることと、別れると気まずくなってしまうことです。

 

 

告白をして断られた場合など、色々とリスクはあります。
正社員ではなく、アルバイトであればバイト先は簡単に変えられるので居心地が悪くなったら辞めてしまうことで対処できます。
しかし、正社員で採用されるハードルが高いほど、職場恋愛するリスクが高いです。

 

付き合った後に気をつけること

付き合った後に気をつけることは、他のスタッフへの気遣いと、ケンカや別れる原因を作らないことです。

 

社内恋愛を理由に仕事や恋愛が悪い方向に行ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

付き合った報告はするべき?

まずは相手の考えを聞くべきですが、基本的には隠すよりもオープンにした方が無難です。
一緒に通勤したり勤務前後にデートすれば、すぐに周囲にバレて噂になります。
隠して付き合うことで、仲の良い同僚や先輩は裏切られた気分になるなど、悪く思われることがあります。
一緒に通勤をしなかったり、職場の近くでデートをしないなど秘密を通し続けられるのであれば、同僚に内緒にしてもいいです。
ただし、可愛い女の子と付き合うと、内緒にすることで他の同僚が狙いに行ってしまい、嫉妬したり状況がややこしくなってしまうリスクが高まります。

 

仕事を一生懸命する

付き合った後も仕事中で顔を合わすのは良いことですが、幻滅されるリスクが高い状況が続きます。
仕事ぶりや、後輩の面倒見などが悪いと彼女に悪い印象を与えてしまうことがありますし、他の女の子と仲良くすることで嫉妬されるリスクもあります。
社内恋愛をしているからこそ、仕事は手を抜かないようにしてください。

 

早いタイミングで素を出す

職場で恋をすると、できる男性を演じるなど、ついつい背伸びをしてしまうものです。
恋人に発展できた場合は、プライベートでのデートでなるべく早く素を出して受け入れてもらうようにしましょう。
仕事モードの自分が基準のまま長く付き合ってしまうと、一緒にいても疲れてしまい関係がギクシャクするリスクが高まっていきます。
突然変わるのも良くないですが、早いタイミングで少しずつ素を出してお互いに仕事モードとプライベートの恋人モードを切り替える癖を作りましょう。