出会い系サイトはスマホ専用の出会い系アプリになって、再びブームが起こっているようです。

MENU

出会い系サイトはまだある?

携帯電話を1人1台持つのが当たり前になった2000年代にブームになったのが出会い系サイトです。インターネットを通じて男女が出会うという今までにない出会いの形が話題になり、大きな社会現象を巻き起こしました。

 

その後、悪質な業者が出会い系サイトを乱立した事や、架空請求などの詐欺行為や、サクラを利用した悪質な運営が問題になり、第一次出会い系ブームは静かに幕を閉じました。

 

その後、ガラケーからスマホやタブレットなどモバイル端末の進化などもありましたが、現在も運営されている出会い系サイトについて調べてきました。

 

 

出会い系サイトはスマホアプリへ進化

スマホの普及によって従来、WEBを利用して運営されていた出会い系サイトの多くはアプリに移行されたようです。

 

アプリはWEBサイトよりも難しいシステム開発が必要な為、時代の流れについていけずに廃業した出会い系サイト運営会社も多く、それと同時に出会い系アプリ業界へ新規参入する業者も多く、現在は出会い系サイト全盛期に負けないくらい多くの出会い系サービスが提供されています。

 

 

アプリになって向上した信頼性

出会い系サイトで悪質業者が乱立した時代を知っている方は、出会い系サイトといえば、ちょっと利用したり会員登録しただけで、法外なお金を請求される。など悪いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、出会い系はアプリに移行した事で、架空請求や法外なお金を請求されるケースは激減しました。現在運営されている出会い系アプリのほとんどは、アプリ内課金に対応していて、完全前払いのポイント制が主流です。

 

スマホ

アプリを運営するには、GooglePlayストアやiTunesストアの承認を得る必要もあり、架空請求などの法律違反をするような詐欺業者が排除されています。

 

この為、最近の出会い系アプリは自分が把握していないお金を請求されるなどのトラブルがなくなり安心して利用できるようになりました。

 

 

スマホアプリになって機能もパワーアップ

出会い系サービスはスマホアプリになって、機能性も操作性もパワーアップしました。

スマホのGPS機能を利用して近くで会える人を探したり、絞り込み検索や写真検索などの操作もガラケー時代とは比べ物にならない程便利になりました。

 

LINEなどのチャットアプリのようにスタンプや既読表示の機能なども主流になっていて、出会える可能性も高く、楽しく快適に利用する事ができます。

 

 

若者の間では密かに第2次出会い系ブームが到来している

ガラケー時代の出会い系サイトを知っている人は「出会い系」という言葉に偏見を抱いている人も多数いますが、最近の若者は、こうした悪徳業者が乱立した出会い系サイト時代を知りません。

 

しっかりルールと機能性が整備された出会い系アプリしか知らない最近の若者の間では、密かに出会い系ブームが再燃しています。

 

仲の良い友達であっても、出会いを求める相談をしづらい。周囲から、ガツガツしていると思われる事を嫌う最近の若者では、誰にも知られずに恋人探しができる出会い系サービスがフィットしているようです。

 

こうした若者の参加者増加の影響もあり、たくさんのユーザーが活動して盛り上がっている出会い系も多く、第2次出会い系ブームが到来したと言えるでしょう。