求めている異性の理想が高すぎると、目の前の出会いを逃している可能性があります。

MENU

出会いがない人の行動

「出会いが無い」といつも言っている人には共通点があります。
出会いが無いと嘆いている人は、こんな行動パターンが無いか、確認をしてみてください。

 

行動パターンに変化が無い

いつも同じ時間に家を出て同じ電車やバスに乗り、いつもと同じ会社に行き同じ時間に会社を出てそのまままっすぐ家に帰る、という何の変化も無い行動パターンであれば出会いは訪れません。電車やバスに乗る人も、会社にいる人たちもあまり変化はしないものです。

 

例えば通勤するバスや電車を変えてみたり、退社後に家ではなく、今まで言ったことの無いお店などに行ってみたり、何かいつもの自分の行動パターンとは違う行動を起こしてみましょう。

 

新たな場所に自分から赴く事が、出会いをする秘訣です。

 

理想が高い

求めている異性の理想が高すぎたりしていると、目の前の出会いを無駄にしてしまっている可能性があります。
異性に理想を抱くのは大切な事ですが、ドラマのような素敵な出会いや、女優さんや俳優さんのようなルックスの素敵な異性はなかなか現れるものではありません。
相手の性格がいい人だな、と思ったらその人と少し交流を深めてみるのも1つの手段です。
今まで自分の理想でも無かった人がなんだか好きになってきてしまった、何てこともあるかもしれません。

 

友人が少ない

同性であれ異性であれ、友人から異性を紹介してもらう、というのも出会いのうちの1つです。
友人であれば自分のことも紹介してくれる異性の事も良く知っているので、お互いに相性がいいのではないか、という人と出会わせてくれるものです。
異性といきなり出会うことに抵抗がある人は、とりあえず同性の友人を増やしてみてはいかがでしょうか?
友人にいきなり出会いを求めるのではなく、ある程度親睦を深め、自分を理解してもらってからの方が抵抗が無くてよいかもしれませんね。

出会いがある人の行動パターンとは?