出会いの場で必要な狩りのパートナーの必要性と適性について紹介しています。

MENU

狩りのパートナーをみつける

出会いの場のガツガツ行きたいなら、1人で行くよりも狩りのパートナーを探す事から始める事がオススメです。

 

出会いの場から発展させる見込みはパートナー次第で大きく変わってきます。
狩りの為のパートナー探しのやり方について紹介します。

 

 

パートナーのモチベーションが重要

出会いの場に行く時は、最初はとにかく1人で行きたくないから、一緒に行ってくれる人であれば、誰でも良いと思ってしまうものです。
まずは2人組やそれ以上のグループで出会いの場に行く事が重要なので、最初はある程度強引に誘ったりしても問題ありません。

 

しかし、パートナーが狩りをする事に対して、モチベーションが低く、盛り上げる気がなかったり、自分から壁を作ってしまうとパートナーがいる事が足手まといになってしまいます。

 

恋人探しや狩りの場は最初は嫌がっていても、現場に行くとやる気を出す人も多いので、最初の誘いは多少強引でもいいですが、一緒に行って狩りをする事に対して使えなかったり、モチベーションが低すぎる場合は、すぐに切って新しいパートナーを探す事が必要です。

 

 

ノリの良さと盛り上げ上手が理想

狩りをするには、いかに相手に早く心を開いてもらうかがポイントになります。
そこで一番重要なのは、ノリが良くて、どんどん盛り上げていける事です。
こういった事を得意にしているパートナーが狩りをするには、最も適しています。

 

 

ある程度、同じレベルが望ましい

狩りのパートナーは、ルックスがよくて話しが面白い方が、異性とどんどん仲良くなっていく事ができます。
しかし、パートナーと自分のルックスやノリで格差が大きすぎると、全部美味しい所をパートナーに持って行かれてしまいます。

 

パートナー

若干の差くらいであれば、おこぼれをもらう事ができますが、パートナーが目立ちすぎてしまうと、自分の影が薄くなって、2ショットになると全く相手にされなくなってしまう可能性が出てきます。

 

優秀なパートナーを探す事も必要ですが、ある程度は身の丈にあったパートナーを選ぶようにしましょう。

 

 

信頼できるパートナーを探そう

パートナーは異性を口説き落としたり、ガードが堅い相手とすぐに仲良くなれる力量なども重要ですが、パートナーとして考える時には信頼関係が重要になります。

個人プレーにばっかり走るのではなく、お互いの事を持ち上げたり、会話を全員で盛り上げていけるような配慮ができる人が理想です。

 

狩りという共通の目的だけで仲良くないのにコンビを組んでしまうと、仲の悪さが相手に伝わって悪い方向にいってしまう場合もあります。

 

狩りを目的に仲良くなっていければ問題はないのですが、信頼関係が築けないパートナーとは、すぐに切って新しいパートナーを探すようにしましょう。

 

いいパートナーができたら話題の「相席屋」に一緒に行ってみるのもいいですね。