ナンパができるようになるメンタルの鍛え方は、経験を積む事と初心者らしい練習方法を取る事です。

MENU

メンタルの鍛え方

あの時ナンパをする勇気があれば・・・

 

そんな後悔をした経験をお持ちではないですか?ナンパは自分のタイプの子を選んでアプローチをする事ができます。

 

ナンパのスキルさえ一度身につけてしまえば、その先チャンスが来た時の後悔せずに白黒できます。またナンパができるメンタルを鍛えられれば、婚活パーティーや合コンでも、成功率が格段に上がります。

 

ナンパができるようになるメンタルの鍛え方について紹介していきます。

 

 

ナンパ師についていけ

ナンパをするメンタルの鍛え方で最も有効なのが、実践を積んでいく事です。
いきなり自分が声をかけるのができない人は、ナンパができる友人などについていく事がオススメです。

 

実際に自分も現場にいて、声をかけている所を身近でみたり、最初の一声のあとにナンパに参戦する経験を積んでいく事で、1人でもナンパができるメンタル力を身に付ける事ができます。

 

 

ナンパは失敗して当たり前

ナンパをする時は失敗して当たり前。引っかかればラッキーくらいの気持ちでいる事が必要です。どんな凄腕ナンパ師でも百発百中という訳ではありません。
失敗したらどうしよう。という気持ちがあったり、「ウザイ」「無視」などの反応が来た時に傷つく事を恐るのではなく、あくまでも失敗する事を前提に考えておく事が必要です。

 

 

ナンパしやすい場所をチョイスする

ナンパは場所によって成功率が高まります。
大きい駅の周辺など、街中などは実はナンパが非常に難しく、初心者が成功する確率は極めて低いです。ナンパスキルを身に付ける為に最も必要なのは、お持ち帰りまでいかなくても、話しをしたり飲みに行く、連絡先交換などの成功実績を作る事です。

 

ナンパの練習をするのであれば、少しでも成功率が高い場所を選んで、自信を付けるようにしましょう。
ナンパしやすい場所の定番ではクラブや海などがありますが、ここでは初心者にオススメの鉄板スポットを紹介します。

 

花火

それは、花火大会の後の会場周辺です。
夏に多い花火大会は、終了後普通の人はすぐに帰路に向かったり会場から離れようとします。

 

ですが、花火が終了して少し時間が経過しても女の子だけで会場近くをウロウロしている人はチャンスが大きいです。

 

ナンパ待ちで会場に残っているとは限りませんが、花火が終わった寂しさなどで、物足りない気持ちや遊び足りない気持ちが大きい事が考えられます。
そこに、ナンパで声をかけると通常の街中などでナンパをするのと比べて格段と成功率があがります。

 

できれば、夏の海周辺でやる花火大会だと、ふわついている子が多く、会場に残る女の子グループも多いのでオススメです。

 

 

ナンパできるメンタル力さえ身につければ、一気にナンパ力が上達する

ナンパが上手な人っていうのは、ルックスや話し方に魅力があるだけではなく、ナンパする相手の見極めが上手という特徴があります。
ナンパで最も重要ともいえる項目で、付いてきそうな子を見極めたり、人によって手法を変えて声をかける事で成功率を上げています。
この見極める力ですが、実際にナンパの場数を踏んでいけば、自然と高まっていきます。

 

最初はナンパをしても失敗が続く事が濃厚ですが、ちょっとしたきっかけで、一気に成功率が大幅に高くなるようなレベルアップをします。
ナンパは失敗の先に、大きな収穫がある事を信じて、心を折らずに続けていく事が重要です。